NEWS
ニュース

  • 試合
  • 2021.04.18

【試合結果報告】2021年度第26回大阪サッカー選手権大会 準決勝 阪南大学戦

4月18日 (日)に行われました、2021年度第26回大阪サッカー選手権大会 兼 天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会大阪府代表決定戦 準決勝の試合結果をご報告させて頂きます。

【 日時 】 4月18日(日)
【 対戦カード 】 阪南大学
【 スコア 】 合計 : 5 – 1

前半:1-1
後半:4-0
合計:5-1
得点者:No.11 松本 孝平、No.17 福森 大樹、No.24 佐藤 諒×2、No.27 浅野 大生

試合映像:大阪府FA TV

-----------------

水曜日に延期になったJFLのリーグ戦があるため、リーグ戦では出番の少ない選手がメンバー入りした一戦。

強風のため、両チームとも難しいコンディションの中での試合が進みます。

先制したのは立ち上がりから、ロングボールを多用してティアモの背後を狙い続けた阪南大学。

嫌な雰囲気になりかけましたが、この流れを変えたのはアカデミー出身で今期公式戦初出場のNo.17 福森大樹。

失点直後に裏に抜け出してシュートを打つとキーパーに弾かれたところをNo.11 松本 孝平が押し込みすぐさま同点。

後半は開始3分にNo.22 松浦 航洋のクロスを福森がヘディングで合わせ、2-1。さらに3分後には今度は福森のパスにNo.24 佐藤 諒が反応し3-1。

その後はNo.39 森本 ヒマンやNo.26 山本 直、No.27 浅野 大生ら今期公式戦初出場のメンバーを投入し、追加点を狙うと終わってみれば5-1で勝利。

誰が出てもやりたいサッカーを表現出来つつあるのはチームが成長している証です。

次は中2日で開幕戦の延期になったFCマルヤス岡崎戦がありますが、この勝利の勢いを活かして、リーグ戦連勝を狙います。

次節:第1節(代替試合) vs FCマルヤス岡崎
4月21日(水)15:00キックオフ
名古屋市港サッカー場(名古屋港)

引き続きFCティアモ枚方への応援をよろしくお願いいたします!